【鮮やかさが復活】愛車の塗装表面の色褪せ・小キズを解消し、驚きの仕上がり。2017.11.25

こちらの車のボンネット画像、右半分だけ塗装をしたように鮮やかな「レッド」になっているように見えませんか?
もちろん、塗装作業をしたわけではありません。
こちらの『99工房モドシ隊 カラーフィニッシュ』で磨いただけなんです。

こちら、超微粒子の研磨材と超微細な顔料を配合した高性能ワックスです。
塗装表面の荒れや細かいキズをクリーニングするのと同時に、研磨剤で除去できなかったキズに特殊顔料が行きわたることで、通常のワックスでは得られない鮮やかな仕上がりを得ることができます。

色褪せたボディカラーが鮮やかに復活するメカニズム

今回は特殊顔料が埋まっていくメカニズムを分かりやすくするため、白の塗装が施されたボンネットパーツに『99工房モドシ隊 カラーフィニッシュ』のレッドを使用して効果実験をしてみたいと思います。

まずは、洗車をして塗装表面の汚れを落としておきます。
その際、『ねんど状クリーナーミニ』で洗車では落とせないザラザラを除去しておくことで、表面がツルツルに仕上がります。

水滴を完全に拭き上げて準備は完了です。ほぼ通常のワックスがけと同じ準備でOKです。
カラーフィニッシュ』の使い方ですが、付属の手袋を着用してから、専用のスポンジに3センチ程とり、気になる部分を磨いてください。
今回の実験では、塗り込む部分の効果が分かるようにマスキングをして、作業スタートです。

この白のボンネットは大変塗装が荒れていたので、初めは「ザラッ」とした磨き心地でしたが、徐々に「ツルッ」とした感触に変わるのが分かりました。
磨き終わった後、再度スポンジにジェルを少量とり、今度はワックスがけをするように薄く塗り広げてください。
その後、乾燥させて(夏場10分/冬場は20分程度)、表面の白く乾いたワックス分を付属のシートでならすように拭き上げれば完成です。

白い塗装が赤味を帯びて仕上がった様子、ご確認いただけますでしょうか?
塗装表面のツヤびけた部分や細かいキズが解消され、残った小キズには超微細な顔料がムラなく行きわたることで、全体が赤味を帯びた仕上がりとなっています。赤くなっていますが、手が汚れたりすることはありません。
この効果によって、愛車の塗装面を修復し色味を際立たせ、まぶしいばかりの仕上がりを得ることができ、さらに約3ヶ月もの間、撥水効果が持続します。

車にワックスやコーティング剤をかけた際に、昔ほど輝かなくなったと感じることはないでしょうか?
愛車の塗装表面は、知らず知らずのうちに小キズや経年劣化により色アセが発生していることがあります。
今回ご紹介している『カラーフィニッシュ』はチューブタイプですので、気になった部分だけでも気軽にご使用いただけます。
カラーは黒系、赤系、青系、銀系、白系と5系統用をラインナップ。
愛車のカラーに近い商品をお使いください。

【黒いカラーの車への使用画像】

塗装が色褪せた黒色のボンネットに使用すると、このように鮮やかな黒色が復活しました。(左半分に施工)

今回ご紹介したアイテム

PAGE TOP