【ブレーキダストを強力にブロック】アルミホイールを汚れにくくするコーティング剤2017.10.28

先週は、手を汚さず、効率的にアルミホイールを洗浄するための商品として『ホイールミット』と『ブレーキダストクリーナートリガー400』をご紹介させていただきました。

おかげさまで、大変ご好評いただき、ありがとうございました。
皆様のアルミホイールもキレイになりましたでしょうか?まだ、という方はぜひ一度お試しくださいませ。
さて、前回の記事の最後にご紹介していました、ホイール洗浄後のアルミホイールの汚れを予防する商品、『ホイールダストブロッカー』についてご紹介します。

それでは、実際に施工をしてみます。
洗浄してキレイになったアルミホイール。商品の効果をわかり易くするため、半分をマスキングします。

続いて、商品に付属の下地処理シートで、ホイール表面の汚れが残らないようにすみずみまで拭き上げてください。

その後、コーティング液が溜まってしまうナット穴にはティッシュを埋めてマスキングしておきます。これで施工前の準備は完了です。

続いて、コーティング施工です。
缶をよく振り、ホイールから約10センチ離してスプレーしてください。

塗り漏れがないように注意して、ホイールの細かい部分やすみずみまでスプレーしてください。
そして、拭いたり、触れたりせず、そのまま乾燥させて完了です。

少し乾燥させて、マスキングテープを剥がしたカットがこちら。

コーティングした箇所が全くわからない自然な仕上がりになりました。
たったこれだけの作業で、強力なコーティング効果が2ヶ月以上(1,000km走行)持続。ブレーキダストなど、ホイール特有の汚れや水などを弾き、キレイな状態を保つことができるので、お手入れもグンと楽になります。
ホイールがすぐ汚れて困っている輸入車オーナーの方、特におススメです。

1ヶ月後、どんな差がつくか改めてご案内させていただきますので、楽しみにお待ちください。

下の写真は施工から3ヶ月が経過した状態です。

ホイールの左半分はブレーキダストで汚れていますが、ホイールダストブロッカーを使用した右半分にはホイールに輝きがあるのがご確認いただけると思います。
是非この効果をお試しください。

今回ご紹介したアイテム



PAGE TOP