【コーティング剤】「B01」よりも濃い「艶」&「しっとり感」
ーティング剤B17のこだわり

研究者が「艶」を極限まで高めることにこだわり生み出したコーティング剤。
「B01」よりもさらに濃く、深い艶を実現します。
濃い艶を出すために、コーティング被膜の膜厚感を高める新たな「アクリル系樹脂」を採用。 さらに、「ケイ素系樹脂」と「シリコーンオイル」を従来にない処方で配合し、ボディ表面の目に見えない微細なキズにまで浸透しながら艶成分を効率良く定着させることを実現しました。 また、被膜は見た目の濡れ艶感のイメージに違わない、しっとりと吸い付くような触感です。

り深く、より濃い艶を求めて

ボディカラーをより鮮やかに演出する艶― これに対し、研究者は「洗車研コーティング剤B01」という一つの答えを出したが、果たして、「艶」のレベルはB01によって行き着くところまで達してしまったのか。

「実は、もっと艶を出すことは可能なんです」

B01の開発を担当した研究者は語る。

「B01の時にも言いましたが、艶は機械では測れない人間の感覚によるものなんです。でも、この「艶」がもっと出ていると感じてもらうためには、ボディ表面にもっと膜厚感のある被膜を作り出すことができればいいんです」

コーティング剤を施工することによって、ボディ表面に形成される被膜の厚み。この膜厚を高めることで、単に光が反射し跳ね返る鏡面仕上げのイメージとは異なり、光が吸い込まれることによって被膜に奥行きが感じられるようなイメージとなり、視覚に深みと濃さを感じることになる。
それが、もっと「艶が出ている」という感覚につながるのだという。
艶についての評価が特に高かったB01では、膜厚感を生み出すことができる素材として、アクリル系樹脂を採用している。このB01よりも膜厚感を高め、さらに濃く、深みのある艶を求めて、研究者はB01とは異なる新たなアクリル系樹脂を見出した。

「でも、それだけでは思うような艶には、まだ全然足りませんでした」

もっと深く濃い艶を出すための処方。
研究者は試行錯誤の末、新たなアクリル系樹脂に加え、その特性を最大限に発揮することを考え、被膜の定着性を高めることでより膜厚を出すことができる処方を探りはじめる。
そしてケイ素系樹脂とシリコーンオイルを従来とは異なる独自の配合処方を作り出し、艶成分の定着性を高めることに成功した。
それが「洗車研コーティング剤B17」だ。
B17の艶成分は、ボディ表面の目に見えないような細かいキズにまで入り込みながら被膜として効率良く定着して行く。それはコーティング液が浸透しながらボディを覆って行くような、そんなイメージだ。

「B17は、従来では踏み込むことができなかったレベルの膜厚感のあるコーティング被膜を形成します。ようやく、現時点で自分が理想とするレベルの艶に到達できました」

B17の膜厚感がこれまでとは比較にならないほど濃く、深い艶を実現したのだ。

知なる仕上がり感

さらにB17には艶といった視覚以外で確認することができる、ある特長がある。
美しい艶を纏ったボディは眺めるだけではなく、思わず触りたくなってしまうものだが、実際にB01を施工したボディを触ってみると、被膜表面の平滑性によりスベスベ感に酔いしれることができた。
では、B17ではどうか。
吸い込まれそうなほど深く、濃い艶を纏ったコーティング被膜をそっと触ってみると、しっとりと吸い付くような不思議と柔らかさを感じる触感を覚える。
ボディ表面へより多く定着している艶成分がこの不思議な触感を生み出しているのだという。
その柔らかくデリケートな感触はまるで赤ちゃんの肌のよう。被膜そのものに「潤いがある」、そんなイメージだ。

「このしっとり感は触るのが癖になりそうでしょう?僕も施工後にはついつい触ってしまいます(笑)」

研究者が想い描き追求した、これまでに体感したことのないような艶としっとり感。
B17は未知なる驚きと悦びへの招待状だ。

point1

「B01」よりもさらに濃く、深い艶を実現

新たな"アクリル系樹脂"を採用し、「B01」よりも被膜の厚みを高めることで膜厚感のある濃く、深い艶を実現。

point2

被膜の定着を高めるため、独自の処方を開発

"ケイ素系樹脂"と"シリコーンオイル"で従来とは異なる独自の配合処方を作り出し、 ボディ表面の目に見えない細かいキズまで入り込み効率良く艶成分の定着性を高めることに成功。

point3

しっとりと吸い付くような"潤い"の触感

「B01」では、ボディを触ると、被膜表面の平滑性により"スベスベ"感が生まれました。

「B17」では、更に膜厚感を増したことで、 "しっとり"と吸い付くような"潤い"のある不思議な柔らかさを感じる触感を生み出しました。

商品の使い方

step1

シャンプー後、クルマのルーフから順に下に向かって水でよくすすいでください。
その後、軽く水分を飛ばしてください。

※水分が多量に残りすぎているとコーティング剤が薄まってしまうので、写真のような適度に水分を残した状態が施工に適しています。

step2

B17のボトルをよく振り、水が残った状態の施工面に直接スプレーしてください。

■目安
50センチ四方につき1~2ショット。中型セダンのボンネット1枚で5~6ショット。

step3

スプレー後、すぐに付属の専用スポンジで均一に塗り広げてください。

塗りこむように作業すると、被膜の定着が向上します。

step4

ボディに水をかけて余剰成分を洗い流した後、水で濡らし固く絞った付属の専用施工クロスで面を変えながら拭き上げてください。

■専用施工クロス
綿タオルとマイクロファイバークロスの2種類が付属
綿タオル:膜厚感及び深い艶・光沢を求める場合
マイクロファイバークロス:作業スピードを求める場合や仕上がりのムラを抑えたい場合

  

送料無料 ・ポイント2倍

洗車研(センシャラボ) コーティング剤 B17

商品コード 79917
価格

ポイント2倍

販売価格: 8,640 円 (税込)
個数
カートへ入れる
友達にすすめる
お気に入りアイテム登録数:1人
対応色 全塗装色
成分 ケイ素系樹脂、シリコーン、アクリル樹脂
光沢持続性期間 約1ヶ月(当社テストによる)
内容 コーティング剤 250ml
専用施工スポンジ
専用施工クロス2種(マイクロファイバークロス、綿タオル(袋入り))
使用上の
注意・備考
  • B17は重ね塗りができます。重ね塗りする場合はボディ全体に水をかけてから再度施工してください。
  • B17の被膜は、施工直後から疎水性被膜を形成します。
  • 光沢持続期間は約1ヶ月です(当社テストによる)
  • バイザーなどの未塗装樹脂にも使用できます。
  • タイヤ、ゴム、ガラス、レザーには使用できません。

研究開発の過程で作られる数々の試作品に込められた研究者の「こだわり」を厳選してお届けします。

商品ラインアップ

SENSYA LAB

研究開発の過程で作られる数々の試作品に込められた研究者の「こだわり」を厳選してお届けします。

ボディの色を、より深く見せる『艶』にこだわったコーティング剤

光を照り返す『光沢』と違い、塗装自体が本来持っている色をより深く見せる『艶』。その『艶』にこだわり、研ぎ澄まされた開発者の目で選ばれた処方。それが『洗車研コーティング剤B』シリーズ

コーティング剤B01

ご購入はこちら

コーティング剤B17

ご購入はこちら

SENSYA LAB

シャンプー 車の美観を保つため、塗装とそれに付着する汚れに最適化された洗浄剤。

コーティング施工前・施工後の用途に合わせて使い分けるシャンプー

コーティング剤施工の前にはボディを整える必要があります。
「洗車研 シャンプーシリーズ」ではコーティングの前にお使いただきたい「シャンプー」と コーティング後の洗車時にお使いいただける「シャンプー」をそれぞれご用意。性能、用途に応じてお選びください。

シャンプーS21

ご購入はこちら

シャンプーS31

ご購入はこちら

シャンプーS37

ご購入はこちら

SENSYA LAB

洗車用品

洗車研をより効率よく使用するために開発したこだわりの洗車用品

研究者のこだわりを製品化することに成功した「洗車研 洗車用品シリーズ」。 その心地よい使用感はまさにこだわりが詰まった逸品です。

吸水クロスWT41

ご購入はこちら

SENSYA LAB

お得なセット・特別価格

  • B01ベーシックセット

    ご購入はこちら

  • B01スムーズセット

    ご購入はこちら

  • B01スピーディーセット

    ご購入はこちら

  • B17ベーシックセット

    ご購入はこちら

  • B17メンテナンスセット

    ご購入はこちら

スペシャルコンテンツ

研究開発者のこころ

ソフト99の研究開発に携わる人々。
彼らは日夜自分たちが生み出す技術を通してクルマを美しく、カーライフをもっと楽しくすることを考え、開発している。
その実現のために、「洗車」という行為と「輝き」を科学的に捉えることはもちろん、繊細な仕上がりの差を見極める目を持つことが要求される。

モノを創る技術、その全ては洗車という行為の中にある「気持ちよさ」を獲得する手段。新たなモノづくりへの情熱は、この中から生まれる。

ものをつくりだすーそのこだわりー

研究開発は、目標となる効果をもたらすために、要求事項を決め、乗り越えるべき課題を設定するところからはじまる。
あらゆる原料の検討を行い、調合方法を試験し、より良いものを追い求めていく。
そのプロセスで試作を繰り返し、処方の方向性を固めていく。

このような研究開発者たちの地道な積み重ねを経て生み出された膨大な処方の中から、研究開発者、商品開発者、マーケティング担当者、営業担当者が集い、それぞれの分野のエキスパート達との協議を重ねながら、最終的に製品化されるものが決定される。

「より多くの人に、使いやすく、効果を体感できる製品」これがソフト99から世に出す製品に求められる、絶対条件。

洗車研とは

世に出ることがなかった膨大な処方データが、ソフト99内に眠っている。
それらの中には、コンセプトや方向性の面でタイミングがあわずに世に出なかっただけで、卓越した性能を持つものも少なくない。
ひとつひとつに宿る、担当者たちのこだわりの仕上がりや使用感は、今の市販品とはまた違った洗車の「気持ちよさ」をもたらしてくれる。
洗車研では、研究開発担当者が日々鍛えてきた目でこだわりをもって生み出した処方をさらに厳選、特別に少量を高精度に生産。

洗車研アイテムの、研究開発者ならではのこだわりを是非、あなたの目で体感して欲しい。

使用者の声

洗車研 コーティング剤 B01

仕上がり感は最高!でももう少し伸びが良いと作業性があがるかと…スポンジでの施工も検討して欲しいです。今までで一番のお気に入りになりました。
作業性はとても良く、拭き上げる度に声が出そうでした。感覚ですが、水分は多めに残したほうが良いように思いました。
クロスが細やかで、また購入したい。仕上がったときの手触りがgood!
艶は仕上がりは満足できます。一般的コーティング剤の拭き取りのしにくさとは段違い。
作業性はとても良く、伸びも良いです。仕上げ拭きも必要ないのは時間短縮になり、個人的にはありがたい。
不満点としては、どこまで拭いたかわからなくなる点。
これまでのものより作業が楽です。
液の伸びはかなりよく、簡単でよいです。クロスは2枚あればもっと良いです。
艶はすごく、鏡のようにピカピカで、ボディはつるつるです。
専用クロスは四つ折りにした際に猛一回り大きさが欲しいと感じました。
仕上がりの被膜感や施工後のコーティング持続感は高いです。
さわり心地がすごく良い。

洗車研 シャンプー S21

泡が細かいので洗いやすく、汚れも落ちやすく感じます。水をかけたときの泡が流れるのが早いですね!
汚れはしっかり落ちました。脱脂もばっちりですね。泡立ちはいいのですが、直接スポンジにつけるのがちょっと面倒。
もう少し泡立ちが良くてもいいです。泡切れは大変良く、一皮むけたみたいでした。
脱脂性が高く、オレンジの香りが良い。泡切れも良い。
スポンジも良いもので、そのおかげもあって泡立ちはとてもよいです。
洗浄・脱脂も申し分ありません。シャワー洗浄で一発で落ちて、使いやすいのも良いです。
今まで水に薄めるタイプを使用していたので、スポンジに液を直接つけるタイプは使いづらく感じましたが、汚れ落ち、泡切れも良く、特に不満はありません。
説明書がていねいに書かれていたのでわかりやすかった(コーティング剤も同様)
気になっていた水垢等もほぼ気にならなくなる程度まで落ち、満足できました。
ストレートタイプなので、泡立ちはちょっと足りません。滑らかさ、泡切れともに問題ないレベルです。
脱脂性はまあまあ、泡立ちは十分良い。スポンジと洗剤の相性が良く、滑らか。
水あかの洗浄はバツグンだけど、樹液などがおちないので、別のシャンプーなどで洗わないといけない。
もう少ししつこい汚れも落とせるようにしてほしい。
スポンジがきめ細かく、握ってもフンワリ。シャンプーとの相性が抜群で細かい泡が簡単に立てられる。
洗車後の泡切れも良い。

掲載実績紹介

雑誌掲載

WAGONIST 5月号 Onlymercedes 4月号 ベストカー1月26日号 月刊自家用車 2月号 CarGoodsMagazine 2月号 CarGoodsMagazine 9月号 Active Vehicle 8月号 WAGONIST 8月号 CARandDRIVER 7/26号

レビュー

まだレビューはありません。

関連商品 ほかにもこんな商品はいかがですか?

メルマガ会員募集 超得クーポンの配布や、その他お得セール情報もいち早くお知らせ
PAGE TOP