【研磨剤】小キズ取りや頑固な水アカ除去に

Premium Gloss コンパウンド 小キズ取り

優れた研削性を備えたコンパウンドで、小キズや洗車キズ・頑固な水アカなど 通常の洗車では除去・修復できない塗装面のダメージを回復し、 表面を平滑に整えます。

【対応パフ】 ウールバフ(小キズ取り用)

【注意事項】
・本液を塗ったまま長時間放置しないでください。
・シミ、ムラの原因となるので炎天下、塗装面の熱い時は使用しないでください。

ポイント2倍

PREMIUM GLOSS(プレミアムグロス) コンパウンド 小キズ取り

商品コード 79001
価格

ポイント2倍

販売価格: 2,160 円 (税込)
個数
  • 残り在庫数・・・2個
カートへ入れる
友達にすすめる
お気に入りアイテム登録数:0人
塗装塗色 全塗装色
形式 液体
内容量 120ml

スペシャルコンテンツ

あなたの愛車が失った「艶」を蘇らせる手段

塗装・光沢に関して

目的

磨きの目的は車を使用することにより塗装表面に出来た細かいキズ(0.5~10μm程度の深さ)や劣化塗膜をコンパウンドとポリッシャーを使用して研磨により取り除き平滑で均一な本来の塗膜に再生することです。

  • クリアー層が劣化した塗膜の状態では反射する像がぼけていますが、磨きを行うことにより像周辺の輪郭がはっきりとし鮮映さが増しています。
    ※全ての人・車に同じ効果が得られるわけではありません。
  • クリアー層の大部分を削るように付いた傷ですが、研磨により周辺をならすことにより傷が目立ちにくくなっています。
  • 新車の塗膜においてもそのままではスプレーした粒子の粒が塗装表面に残っており緩やかなうねりのひずみがあります。これを研磨し取り除き平滑で均一な塗膜を作成することができます。
    新車の塗膜でも塗面が完全に平滑でないために光の乱れが認められます。

膜の厚さの単位

自動車塗膜とコーティング膜について理解していただくために、ここで膜の厚さの単位についてお話します。

自動車塗装膜

自動車塗膜はどのように構成されているのでしょうか。

塗膜の厚みは合計でも100μm程度人の髪の毛の厚みほどしかありません。メタリック・パールカラーや最近のソリッドカラー(メタリックやパールを含まない色)では、塗膜の外側にクリアー(透明)塗装がなされています。
このクリアー塗膜は杉花粉の粒子ほどの厚さしかありません。このクリアー塗膜が外界(雨や砂埃、太陽光線)から直接の影響を受けているのです。意匠性の高い高級車ほどクリアー層の厚みが厚く、艶が深く出るように設計されています。

光について

ものを見るためには光が必要ですが、ここで光について少しお話します。
光は電磁波の一つですが人の目に見える波長はおおよそ400~800nmの範囲にあるもので、この光を可視光線といいます。400nmより小さい領域が紫外線、800nmより大きい領域が赤外線と呼ばれています。光は波と粒子の性質があり光子とも呼ばれています。
下の図の丸は光(光子)をイメージしたものです。

  • 左の図はキズの付いた塗面を示しています。

    1.平面部に入射した光は正反射しますが…
    2.キズが大きく深い場合は、光がキズの中まで入り込み乱反射を起こします。それによりキズが見えるようになります。

    ※図はクリアー層の上部の一部を拡大したものです。

    ※図の●は光子をイメージしたものです。左側から入射し塗面で反射しています。

    ※大きさが400nmより小さなものは直接人の目で見ることは出来ません(400nm=0.4μm)。

  • 上のキズをコンパウンドとポリッシャーで磨くことにより、塗面全体に光子より小さく微細で均一な凹凸を付けることができます。
    そのため、いずれの場所でも光は正反射するので目には鏡面に見えます。

    ※図はクリアー層の上部の一部を拡大したものです。

    ※図の●は光子をイメージしたものです。左側から入射し塗面で反射しています。

    ※大きさが400nmより小さなものは直接人の目で見ることは出来ません(400nm=0.4μm)。

塗膜をつくる

塗膜はなぜ痛む

塗膜はなぜ傷むのでしょうか。

・走行することや屋外にて駐車・保管することにより砂塵との衝突や酸性雨、鳥糞また直射日光による太陽光線などの影響で塗膜表面には少しずつキズがついたり劣化が進行してゆきます。

・砂埃が残ったまま洗車することやクリーナーを使用することにより塗膜にキズがついてきます。

・これは車を乗る限り避けられない現象で、キズがつくのが嫌なら車をガラス越しのクリーンルームに飾っておくしかありません。

これらの目に見えるキズは0.5μm以上の深さがあり、塗膜表面のクリアー層の一部を削っています。

通常のワックスやコーティング剤では

・上ようにキズついたり劣化した塗膜にワックスやコーティング剤を洗車した後にかけることにより、ある程度表面を平滑にして光沢を復活させることは出来ます(ワックスやコーティング剤で形成できる被膜は0.3μm程度が限度です)。

・ワックスやコーティング剤では非常に細かいキズを埋めることは可能ですがワックスでは雨や洗車で脱落してゆき容易に元の状態に戻ってしまいます。

コーティング剤ではワックスよりも長時間の耐久性が期待できますが、0.5μm以上のキズすべてを埋めることは出来ません。

プレミアムグロスでは

  • プレミアムグロスではどのようにして光り輝く塗膜を作るのでしょうか。
    このようにキズ(0.5~10μm程度)ついたり劣化した塗膜をポリッシャーとコンパウンドを使用して削り取り人の目には見えないレベルの細かく平滑で均一な凹凸(0.3μm以下)に仕上ます。
  • 図1
    磨きを行なうことにより新車の塗膜より、さらに滑らかな塗面を得ることが出来ますがこのように目に見えない細かい平滑な凹凸が一面に広がっていることにより実質の表面積が水平面と比較すると数百倍と非常に大きくなります。このためそのまま放置すると汚れがより付着しやすくなっています。

    図2
    このコーティング被膜が外界との環境にさらされることにより塗膜を保護します。
    この細かく目に見えない平滑な凹凸にコーティング剤を塗布することにより、コーティング剤が凹凸の中に入り込み塗膜との接着強度が極端に大きくなり耐久性が増すとともに、コーティング剤がこの目に見えない凹凸(0.3μm以下)を埋めさらに平滑なコーティング被膜が形成されます。

普段のお手入れ

  • 水道水の圧力で表面に付着した砂塵や泥を洗い流した後、シャンプーをよく泡立てて泡で包み込むように洗車を行ないます。
    シャンプーの泡が塗膜表面(コーティング被膜)との接触を和らげるとともに界面活性剤がコーティング被膜に付着した油汚れ等を浮き上がらせます。
     

    ・定期的にコーティング剤をかけることにより走行や洗車で脱落したコーティング被膜を補強します。

    ・走行や洗車を繰り返すうちにどうしてもコーティング剤の塗布だけでは復活できない深いキズ(0.5~10μm)が発生してきます。

    ・その時は、ポリッシャーとコンパウンドを使用して磨き平滑に仕上げます。

    ・この作業はクリアー層の厚みの範囲内で行うことが出来ます。

商品の使い方

プロが伝授する磨きテクニック

「古くなった愛車のボディーに新車の時のような輝きを取り戻したい」
「愛車に究極の艶をだしたい」
「色あせた塗装面の光沢を蘇らせたい」

そんな願望をお持ちの方々に、ポリッシャーを使った車磨きのテクニックを紹介します。

※カラー塗膜面に達する深いキズや塗装面の劣化が激しい場合等、全ての車・人に同じ効果が得られるわけではありません。

カーポリッシング(車磨き)を行なうことで、洗車キズをなくし、劣化により荒れていた塗装面を平滑にすることで、失われていたボディの艶は蘇ります。
ポリッシャーを使った磨き作業で実現できる均一な仕上がりと、車を愛する心があればあなたの車はもっともっと輝きます!

準備

作業スタイル

洗車・ポリッシング作業を行う時は、ボタンやファスナーなど硬いものが露出している服は着用せず、作業用のつなぎやスウェットなどを着用します。硬いものがついているとボディに当たった時にキズがつく原因になります。
※車磨き作業時に粉塵が出ますのでマスクを着用することをオススメします。

洗車

ポリッシング作業をする車を洗車し、塗膜に付いている砂・ホコリなどを洗い流します。その後、洗車では落ちなかった鉄粉などの異物を「ねんどクリーナー」を用いて除去します。ポリッシャー使用時に磨き傷をつけないためにも、粘土でしっかり鉄粉を除去してください。

※流水ですすいだ後、塗装面やボディの隙間などの水分をしっかりと拭き取ってください。
水分が残っていると車磨き作業時に作業しづらくなります。

準備

  • ポリッシャー コンバウンドウールパフウレタンパフ
  • シリコンオフ マスキングテープワイドマスキングテープ幅広マスキングシート

車磨きに使用するポリッシャー、バフ、コンパウンド、電源ケーブルを用意します。

<ポリッシャー>

プレミアムグロスではギアアクションポリッシャーをお勧めしています。

ギアアクションポリッシャーの特長は、十分な研削力(シングルアクションポリッシャーのメリット)と、仕上げ磨き性能(ダブルアクションポリッシャーのメリット)の両方を兼ね備えており、初めての方でも扱いやすいポリッシャーです。

⇒プレミアムグロスがギアアクションポリッシャーをお勧めする理由はコチラ

<コンパウンド>

プレミアムグロスでは、『小キズ取り』、『鏡面仕上げ』、『超鏡面仕上げ』の3段階のコンパウンドをご用意。塗装面の状態に合わせて使い分けることが可能です。 洗車キズを除去する粗めの磨きには『小キズ取り』、光沢感をだすための磨きは『鏡面仕上げ』、『超鏡面仕上げ』が適しています。

【コンパウンドの研削力】 『小キズ取り』 > 『鏡面仕上げ』 > 『超鏡面仕上げ』

<バフ>

プレミアムグロスでは、3段階のポリッシングを推奨しております。(バフは2種類)

・『小キズ取り』コンパウンドに使用するウールバフ

・『鏡面仕上げ』、『超鏡面仕上げ』コンパウンドに使用するウレタンバフ
(ウールバフ、ウレタンバフはギアアクションポリッシャー【G-150N】に対応)

※異なるコンパウンドがバフ面で混ざると本来の効果を発揮しなくなるため、1回の作業で『鏡面仕上げ』と『超鏡面仕上げ』のコンパウンドを使用される場合は、ウレタンバフを2枚ご用意ください。

マスキング

未塗装の樹脂パーツ・メッキパーツ・ゴムパーツ・ガラス面など、ポリッシャーで磨くと問題のある部分でバフが触れる可能性がある部分は、あらかじめマスキングテープにて保護します。様々な幅のマスキングテープがありますので、部位、形状にあわせて使い分けてください。

磨き方

ポリッシャーの動かし方の基本

車磨き作業では塗膜を均一にムラなく磨くことが基本で、バフにかかる圧力を一定にコントロールする必要があります。

ポリッシャーの自重が基本的な圧力の大きさであり、必要以上に押さえつけるような力は加えません。ドア・フェンダーなどの垂直面を磨く際もボンネットなどの水平面と同程度の圧力をかけることが重要です。
バフに局部的な圧力がかからないように、パネルの形状に合わせバフ面を広く均一に当てるようにすることででより均一な圧力をかけられます。必要以上にバフ面を立てる(傾ける)と「磨きムラ」「バフ目」「磨きキズ」の発生や、局部的な発熱による「焼きつき」などのトラブルの原因になります。
丸みを帯びたパネルの場合、可能な限りバフの接触面積を最大に確保できる角度を意識し、一定の圧力で押さえられるようポリッシャーをコントロールします。

バフは磨きムラが起こらないよう縦・横の順に動かしますが、一定の圧力を維持するためにゆったりとしたスピードで動かします。バフを動かしながら磨けている幅を確認し、折り返すときにはバフの半分が重なるように動かしてゆきます。

磨きの順序

  •  

ミニバンの場合「ボンネット → トランク → ルーフ → フェンダー → ピラー → ドア → バンパー」の順に磨いてゆきます。上記手順は一般的なものですが、まず最初にキズが一番ついているところから磨くのもひとつの方法です。ドアノブ周りなどポリッシャーをかけにくい場所はバフを手に持ち直接手で磨いていきます。ルーフなど高い場所は脚立を使用すれば作業が行ないやすくなります。

※コンパウンドの種類を変える時は、ボディーに残っているコンパウンドカスを拭き取り
次のコンパウンドをお使いください。

パフとコンパウンドの関係

バフは素材により適する用途が異なるため、バフに合わせコンパウンドの種類と量をコントロールし作業する必要があります。
ウールバフは小キズ取りやウォータースポットの除去など粗めの磨きに適しています。コンパウンドは『小キズ取り』を用い、コンパウンドの量も少し多めに使用します。
ウレタンバフは艶出しや光沢感をだす仕上げ磨きに適しており、コンパウンドは『鏡面仕上げ』『超鏡面仕上げ』を使用します。

ポリッシング作業に慣れており、キズの程度を判断できる場合は「小キズ取り → 鏡面仕上げ → 超鏡面仕上げ」の順に粗いものから段階を経て仕上げを行ないます。
磨き作業が初めての場合や研磨し過ぎを心配される場合は、一番研磨力の低いコンパウンド『超鏡面仕上げ』から使用をオススメします。『超鏡面仕上げ』で磨いてもキズが消えない場合は、「鏡面仕上げ → 小キズ取り」とキズが消えるまでコンパウンドを粗くしていき、キズが消えた段階から再度仕上げ磨きを行うことで研削量を少なくしたポリッシングが行えます。

※バフの中にコンパウンドの残留物が大量に残った状態ではコンパウンドの能力が低下するので、適時清掃するか綺麗なものと取り替えてください。

ワンポイント

  • ■浅いキズの磨き方■
    水をつけると見えなくなるキズは、程度により使用するコンパウンドは変わりますが、磨きを行うことで除去が可能です。
  • ■深いキズの磨き方■
    塗装面に入っているキズにはいろいろな深さがあるため、磨きを行っても取り除けないキズもあります。その場合は、キズの角を削ることで光の乱反射を緩和し、キズ自体を目立ちにくいように処理します。

部位別磨き方

ボンネットの磨き方

ウインドウオッシャーが出る部分のマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。ボンネットは平面部を4~8分割にして足を動かさずに磨ける範囲(40~50cm四方毎)で磨いてゆきます。ポリッシャーの中心部(パッド)にバフを装着します。パッドとバフはマジックテープのオス・メスになっているので簡単に脱着することが出来ます。コンパウンドのボトルをよく振ります。バフを上にしてバフの2~3箇所にパチンコ玉程度の大きさのコンパウンドを垂らします。まず塗布したコンパウンドを磨く面全体(40~50cm四方)に均一に伸ばします。全体に伸ばしたら縦・横の順にポリッシャーを動かしてゆきます。

※プレスラインの段差があるところは段差を乗り越えるようには磨きません。

トランクの磨き方

エンブレム、モールやリアワイパーなどの部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。トランクは平面部を2~3分割にして足を動かさずに磨ける範囲(40~50cm四方毎)に磨いてゆきます。

プレスライン上は塗膜が薄いので磨かないでください。

ルーフの磨き方

ルーフレールやモールなどの樹脂部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。ルーフは平面部を4~8分割にして足を動かさずに磨ける範囲(40~50cm四方毎)に磨いてゆきます。脚立を使用すれば作業が行ないやすくなります。

フェンダーの磨き方

ランプやモールなどの樹脂部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。パネルが丸みを帯びている場合は、パネル半径を意識し一定の圧力で押さえられるようバフの角度・圧力をコントロールします。

プレスライン上は塗膜が薄いので磨かないでください。

ピラー・ドアミラーの磨き方

窓枠のメッキ部分やゴムパーツにはマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。幅の狭い部分はポリッシャーからバフを外して手で直接磨きます。

バンパー・エアロパーツの磨き方

窓枠のメッキ部分やゴムパーツにはマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。幅の狭い部分はポリッシャーからバフを外して手で直接磨きます。

商品ラインアップ

これが目的達成のための鍵になる。人の手では実現できない研磨力と均一な仕上がり。クルマを愛する心とポリッシャーがあれば、目的の実現には手が届くようになる…。今まで難しかった「艶を蘇らせる」という至上の目的が、実現できるようになるのだ。

Premium Gloss「磨き」フルセット

コンパウンド3種(小キズ取り・鏡面仕上げ・超鏡面仕上げ)、バフ3枚(ウール×1・ウレタン×2)、ポリッシャー本体のセットです。 このセットで「磨き」作業が一通り行えます。

51,624円(税込、送料無料)

ご購入はこちら

Premium Gloss ポリッシャー

ポリッシャーのなかでもギアアクションタイプは歯車により軸をずらし星型にバフが動く構造のため、バフを手で強く押しても止まることがありません。シングルアクションタイプとダブルアクションタイプの中間程度の研削力があり双方の特徴を組み合わせた、初めての方でも扱いやすいポリッシャーです。
ウールバフ×1・ウレタンバフ×1が付属しています。

43,200円(税込、送料無料)

ご購入はこちら

Premium Gloss コンパウンド セット

小キズ取り・鏡面仕上げ・超鏡面仕上げの3種類のコンパウンドのセットです。塗装面のダメージ回復から艶出しまで、あらゆる状態に対応できます。

※各コンパウンドに対応するバフをご用意ください。

6,480円(税込、送料無料)

ご購入はこちら

Premium Gloss コンパウンド 小キズ取り

小キズや洗車キズ・頑固な水アカなど、通常の洗車では除去・修復できない塗装面のダメージを回復し、表面を平滑に整えます。また、機械研磨に適した内容物で焼きつきを起しにくくスムーズな作業が行えます。

※バフはウールバフをご使用ください。

2,160円(税込、送料別)

ご購入はこちら

Premium Gloss コンパウンド 鏡面仕上げ

艶びけした塗装面の艶を回復させ、鏡面に仕上げるためのコンパウンドです。事前に小キズ取りで作業を完了している場合、淡色車(ホワイトなど)はこれで仕上げることができます。

※濃色車の方はこちらで作業した後、続けて超鏡面仕上げをご使用ください。

※バフはウレタンバフをご使用ください。

2,160円(税込、送料別)

ご購入はこちら

Premium Gloss コンパウンド 超鏡面仕上げ

鏡面仕上げよりさらに深い艶を出すことができ、超鏡面に仕上げるためのコンパウンドです。濃色車(ブラックなど)などでシビアな仕上がりを求める方は、こちらも使用してください。

※バフはウレタンバフをご使用ください。

2,160円(税込、送料別)

ご購入はこちら

Premium Gloss ウールバフ

小キズ取りなど粗めの磨きに適したバフです。研削力を保持しやすい素材と形状で安定した作業が行えます。

2,268円(税込、送料別)

ご購入はこちら

Premium Gloss ウレタンバフ

小キズ取りを終えた塗装面や比較的キレイな塗装面を鏡面に仕上げるためのバフです。鏡面仕上げ・超鏡面仕上げの作業を行うことに特化しており、艶を求める場合に適しています。

1,944円(税込、送料別)

ご購入はこちら

レビュー

まだレビューはありません。

関連商品 ほかにもこんな商品はいかがですか?

メルマガ会員募集 超得クーポンの配布や、その他お得セール情報もいち早くお知らせ
PAGE TOP